Menu
Release リリース情報 記事詳細

リリース情報 詳細

2022/06/28 【電力需給の課題解決】再生可能エネルギーを蓄える、安全安心の「レドックスフロー電池」事業開始

本日、レドックスフロー電池販売開始をプレスリリースで発表いたしました。

 

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:下田知代)は、太陽光など再生可能エネルギーを、効率よく貯める大型蓄電池システムとして、「レドックスフロー電池」の販売を開始しました。

地球温暖化の進展に伴い、太陽光・風力を初めとする再生可能エネルギーの導入が推進されています。

メガソーラー等のFIT制度による買取期限が近づいていることから、自家消費型太陽光発電システムが注目を集めています。

しかしながら、今般の電力需給逼迫注意報の発令からも分かる通り、正午以降、徐々に太陽光発電システムは、発電量が低下し、夕方には1/3程度まで減少します。

この時間帯は、オフィスや工場などはまだ稼働しているうえ、家庭では夕食の準備などで電気が多く使われるため、需給バランスが崩れてしまうことが原因です。

この課題を解決するには、昼間に太陽光で発電した電力を蓄電しておく必要があります。

したがって、電力系統安定化対策としても有効な、大容量蓄電池の導入が重要となっています。

 

また、昨今巨大化しつつある台風や豪雨、地震などの自然災害の発生により、停電時に電力を確保する為、

非常用電源のニーズが高まっています。

弊社では、防災対策製品として、操作が簡単、持ち運びが容易、そしてメンテナンスの煩雑さを軽減した、

小型ポータブルリチウムイオン電池「HUG(ハグ)シリーズ」の開発・販売を進めてまいりました。

多くの自治体・避難所、オフィス、病院等の施設において、ご採用いただいております。

 

この度、長期化する停電被害に備え、

再生可能エネルギーとの親和性が高く、

より安全な大型蓄電池の

「レドックスフロー電池」を太陽光発電

システムと組み合わせて、ご提案いたします。

 

 

最大の特長は、正極負極に水を使った燃えない大容量蓄電池。

コンテナの上部に太陽光パネルを貼り、内部にシステム一式を内包し、

最低300kw/hの蓄電量容量を標準とした新しい仕組みです。

 

今後は、300kw/hに留まらず、再生可能エネルギーを利用したVPPの巨大電池として活用を推進してまいります。

 

2022年6月29日(水)~7月1日(金)「第一回 地域防災EXPO(東京ビッグサイト)」にて、

レドックスフロー電池の仕組みが分かる模型を展示します。

 

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

プライム・スターHP

太陽光発電システム

http://primestar.co.jp/solar/

 

■電池の特長

 

■レドックスフロー電池の仕組み

例:25mプールの水量レベルの場合、5MW/hの電池容量

 

■展示会情報

【第1回 地域防災EXPO】(自治体・公共Week内)

会期:2022年6月29日(水)~7月1日(金)10:00~18:00

会場:東京ビッグサイト 東展示場

小間位置:18-52

展示製品:

レッドクスフロー電池をはじめ、防災製品も多数展示

防災タワー「EPB」

防災対策製品「HUGシリーズ」

・HUG-400A 小型ポータブル蓄電池

・HUG-1500 脅威の45ポート出力蓄電池

・HUG-5100BK UPS機能付き蓄電池

など、他多数・・・

https://www.publicweek.jp/ja-jp/about/bousai.html